ライブカジノ利用者急増で気になる違法性を徹底解説!

投稿者:

近年、自宅にいることが増えたこともあり利用者が増加しているライブカジノ。
自宅に居ながらオンラインで海外のライブカジノを楽しめるとあって人気があるようです。

でも、そもそもライブカジノって法的には問題ないのでしょうか?もしかすると逮捕されるんじゃないの?と不安になる人も少なくないでしょう。
そこで気になるライブカジノの違法性について徹底解説していきます。

ライブカジノは違法?それとも合法?

ライブカジノは違法 それとも合法
日本では、カジノ法案(IR整備法)で定められた統合型リゾート施設内のカジノ以外は違法となり法的に認められていません。
ですから、秘密裏に開催している地下カジノなどは現行法で処罰されます。

では実店舗を持たないライブカジノの場合はどうなのでしょうか。
まず、日本国内で運営しているライブカジノは違法です。
逮捕されますので絶対に利用してはいけません。

一方、カジノが合法の国で正式にライセンスを取得して運営されている日本国外のライブカジノはもちろん違法ではありません。
そして、カジノ合法の国内に居ながらライブカジノを利用することも法的に何ら問題がなく、もちろん逮捕されることもありません。

問題は、日本に居ながら海外のライブカジノを利用する行為が違法に当たるかどうかです。
現状、日本国外で運営されている賭博行為を取り締まる法律が日本にはありません。

従って、海外のライブカジノを日本国内で利用しても直ちに違法だというわけではないということです。
ただし、その違法性の判断についてはライブカジノの運営方法や利用者の状況によっても変わってくるようです。

スマートライブカジノ事件:単純賭博罪で略式起訴に

スマートライブカジノ事件 単純賭博罪で略式起訴に
スマートライブカジノ事件とは、2016年3月スマートライブというライブカジノを利用していた3人の客が賭博の容疑で京都府警に逮捕された事件のことです。
これはライブカジノの利用者が日本で初めて逮捕された事件となります。

当時は「海外のライブカジノは違法ではない」と考えられていたため、ライブカジノのプレイヤー達にとっては衝撃的な出来事となりました。
当時、プレイヤー達は自宅でライブカジノのブラックジャックでお金を賭けてプレイしていましたが、警察の内偵調査などにより国内での賭博行為だと判断され逮捕に至ったようです。

それにしても本来は規制対象外であるはずの海外サイト利用が摘発されたのでしょうか?
逮捕にマークされたきっかけはプレイヤーのブログやSNSでした。
スマートライブカジノでプレイする様子をID番号と一緒に自身のブログやSNS上で公開していたことでプレイがバレたようです。

そして京都府警はスマートライブカジノでアカウントを取得し、サイト内のチャットでプレイヤー達を特定したと考えられます。
逮捕に至った決め手は、ディーラーが日本人女性だったことや日本語でチャットができたこと、また営業時間が日本時間の夕方〜深夜だったことなどから胴元が日本国内の運営だと判断されたことです。

要は、海外のライブカジノではあるけれど実質日本国内のライブカジノだと判断され日本の刑法が適用されたというわけです。
この件で逮捕されたプレイヤーは「単純賭博罪」で略式起訴されました。
10万円~20万円の罰金刑となったようです。

NetBanQ事件:逮捕された1人が不起訴に

NetBanQ事件 逮捕された1人が不起訴に
オンラインカジノが利用できる国内口座サービスを運営し客に賭博をさせたとしてプレイヤーが逮捕されました。
インターネッ トを使った無店舗型オンラインカジノが賭博罪を適用したのは全国で初めて逮捕されました。

略式起訴とは罪を認める代わりに通常の起訴のように裁判を行わず、罰金の支払いで済ます手続きのことです。
主に軽微な犯罪を迅速に処理する目的で使われます。

それで3人のうち2人はこの略式起訴を受け入れて罰金を支払ったのですが、1人だけは逮捕を不当とし略式起訴も受け入れず弁護士をつけて裁判を起こしました。
そして担当弁護士は検察庁に対し以下のような意見書を出して争ったのです。

・国外において合法的にライセンスを取得している運営側を処罰することはできない
・従ってその利用者も処罰することはできない
・賭博行為による処罰の対象は主に運営側である

結果、最終的に不起訴処分となりました。
裁判を避けるために不起訴処分にしています。

ライブカジノをやる前に

スマートライブカジノ事件で不起訴となって以降、海外ライブカジノの利用はグレーゾーンだという認識が広まりました。
そのこともあり、現在も利用者は増え続けています。
ただ、いくら現状はグレーゾーンだったとしても油断は禁物です。

現状違法だというわけではないにしろ完全に合法だと認められているわけでもないからです。
また、海外のライブカジノのサービスや利用者の利用状況によっても判断が変わる可能性があります。

なので、海外で正式にライセンス取得したライブカジノであったとしても100%大丈夫とは言い切れません。
そこで、ライブカジノを利用したいと考えている方のためにいくつかの注意点を挙げておきます。

・日本人向けのサービスが充実したライブカジノは選ばない
・日本人専用テーブルはやめておく
・ライブカジノの様子をSNSやブログで公開しない
・ライブカジノ内のチャットは利用しないようにする
・ライブカジノの拠点や取得ライセンスが海外にあることを確認する

やはり事件を教訓にして、これらの点は最低限チェックするようにして健全にライブカジノを楽しみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です