オンラインカジノは大丈夫?

オンラインカジノを始めてみようと考えている人にとりまして、賭博罪に抵触することがないか気になるところですね。
この点について、掘り下げて解説していきましょう。

オンラインカジノ運営業者の合法性

オンラインカジノの運営は合法

そもそもオンラインカジノを運営している業者は合法なのでしょうか?この質問に対する答えは、イエスであり、ノーでもあるのです。
「いったい、どういう事なのですか?」疑問に思うことでしょう。
メジャーなオンラインカジノ運営業者は、必ずギャンブルを合法とする海外の国で、ライセンスを取得しています。つまり、外国政府のお墨付きをもらっているのです。このような運営業者は、適法であり安全と考えて間違いないでしょう。
一方、注意しなければならないのは、悪質な詐欺サイトの存在なのです。こちらの運営業者は、ライセンスを持たず第三者機関による審査を受けることもありません。しっかりと見極めて、絶対にアカウント登録などをすることのないように気を付けなければならないのです。

日本の賭博罪について

日本の賭博罪との兼ね合い

日本ではお金を賭ける行為そのものが法律で禁止されており、違反をすると賭博罪に問われることになります。つまりギャンブル行為をすることが禁止なのです。
ただし、競馬や競輪など公営ギャンブルは除外されており、パチンコも風営法を守っている限り摘発対象となることはありません。このように、賭博罪にはいくつかの除外規定や抜け穴があると考えてよいでしょう。

オンラインカジノが違法ではない理由

 
オンラインカジノは違法ではない

オンラインカジノは、日本の法律に照らし合わせるとグレーゾーンにあたります。つまり、完全なクロとはなりませんから、摘発対象になってしまうことがありません
その理由を考えてみましょう。近年、インターネット網が急速に発展してきたのですが、法律の整備が追い付いていないのが現状であり、さまざまな分野におきまして問題が山積しています。このことから、オンラインによるギャンブルを取り締まることが難しいと考えることが出来るのですね。ギャンブルに対する法整備には、まだまだ時間がかかるのではないでしょうか?

オンラインカジノにおける注意点

オンラインカジノをプレイする際の注意点

オンラインカジノは安全であると考えてよいのですが、いくつかの注意点が存在しています。それは、オンラインカジノの運営業者が海外でライセンスを取得しているのかを確認することです。
また、カジノカフェのように胴元が日本にあると考えられるような場合には、警察が常に目を光らせている可能性が非常に高く、大変危険であるとされています。
そのような場所でカジノゲームを楽しんでいると、突然踏み込まれて摘発対象となってしまう可能性を有していますから、十分注意してください。