マーチンゲール法のデメリットを把握

投稿者:

マーチンゲール法は、オンラインカジノでも使える攻略方法の1つです。
回数を重ねていくと、勝率がアップしていくので「絶対勝てる必勝法」とも言われています。

しかし、いくら有効と言われているマーチンゲール法にもデメリットがあり、人によって向いているかどうかがあります。
多くある攻略法の中でも、マーチンゲール法はクセがある実践方法なので、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

連敗すると掛け金が大きくなっていく

連敗すると掛け金が大きくなっていく

マーチンゲール法は、勝つまで倍額ベットしていくという攻略方です。
1回目に1ドル賭けた場合、2回目は2ドル賭けになり、連敗していく度に4ドル、8ドル、16ドルと掛け金をアップしていきます。

連敗する前に勝てば、最初の1ドル賭けに戻りますが、勝てないときは掛け金がどんどん増えていきます。

最初の掛け金を1ドルにした場合、10連敗すると11回目は512ドル賭けることになり、20連敗すると524,288ドル賭けをすることになります。

ドル表示だと金銭感覚がマヒしやすいが、1ドルは現在106円ほど。
106円で換算すると、512ドルは54,272円、524,288ドルは55,574,528円です。

確率的に10連敗する可能性は、極めて低いです。
しかし、掛け金の上限を考えずに負けたら、ひらすら倍額ベットしていくので、資金に余裕をもって臨むことが大事です。

資金に余裕のない人が、マーチンゲール法を試した場合、場合によっては、途中で挫折するというデメリットがあります。

遊べるゲームが限られてくる

マーチンゲール法は勝率50%ほど、配当が2倍のゲームで使うことができます。
出た結果が、次のゲームの倍率などの影響しないことも、条件となっているので注意しておきましょう。

使えるゲームはルーレットの赤黒、クラップスのPass Line、バカラのプレイヤー・バンカーなどです。
日本でも人気のあるスロットゲームでは使うことができません。

また、オンラインカジノでは、最大のベット金額が決まっています。
負ける度に倍額を賭けていくのがマーチンゲール法ですが、途中で上限に引っかかってしまうと攻略法が崩壊してしまいます。

マーチンゲール法は、どのゲームや配当でも使えるわけではないというデメリットがあります。
勝率が高いですが、あくまでゲームや上限ベットを選んで使う攻略法だと理解しておきましょう。

どのタイミングで勝てるのか分からない

どのタイミングで勝てるのか分からない

マーチンゲール法は「絶対勝てる」と言われていますが、いつ、どのタイミングで勝てるのかは分かりません。

1回目で負ける確率は50%です。
その後の負け確率は以下の通りとなっています。

2連敗→25%
3連敗→12.5%
4連敗→6.25%
5連敗→3.125%
6連敗→1.563%
7連敗→0.78%
8連敗→0.4%
9連敗→0.2%
10連敗→0.1%

確率だけで見ると、4連敗する可能性すら低いです。
ほとんどの場合で5回以内に勝てますが、もちろん絶対ではありません。

マーチンゲール法は勝てる確率が高いですが、連敗してしまう可能性もあるというデメリットがあります。
勝率が高いので連敗し続ける可能性は低いですが、勝率は100%にはならないということを理解しておきましょう。

勝っても利益が少しずつ

マーチンゲール法は、1回勝ったときのプラス金額が少ないというデメリットがあります。
勝率が高いぶん利益が少なくなるので理解しておきましょう。

マーチンゲール法を実践して勝った場合、利益となるのは最初の1回目のベット金額のみです。

例えば1ドル賭けで始めた場合、10連敗して11回目に勝ってもプラスになる利益は1ドルです。
連勝するなどすれば、それなりに大きな利益となっていきますが、そう上手くはいきません。

短時間で一気に稼ぎたい人には向いていませんし、地道にコツコツと利益を出していく手法です。
マーチンゲール法をメリットに感じるのかデメリットに感じるのかはプレイスタイルにもよります。

負け続けると精神的な疲労

コンスタントに勝てれば良いですが、確率によるものなのでいつも上手くいくとは限りません。

マーチンゲール法で負け続けると精神的な負担も大きくなり、金銭感覚もマヒしやすいというデメリットがあります。
1回勝てば負け額を取り戻せるため、ゲームに熱中して冷静になれない人もいます。

また、止め時を見極めることも必要です。
ある程度の利益を出した所で止めることができれば良いですが、調子の良いときはもっとゲームをしたくなるのが人間です。

1回始めると勝つまで止めないのが、マーチンゲール法の基本なので、次に連敗しても中断することはできません。
途中で止めると、大きな損失がでてしまうこともあるので、「止めたくても止められない」という精神的な負担がかかってきます。

そうならないためにも、止め時は見失わないようにしましょう。

まとめ

まとめ

マーチンゲール法は、必勝法の中でも勝率が高いです。
ただし、どの必勝法でも同じですが、絶対に勝てるという保証はありません。

充分な資金を準備して止め時を見極めると、マーチンゲール法のデメリットを最小限に抑えることができます。
コツコツと利益を出していく手法なので、時間に余裕をもって実践するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です