違法性は全くないと言える理由

投稿者:

オンラインカジノは海外でカジノを利用する場合と同じ

オンラインカジノは違法とのイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしそれはマンションの一室などを利用し行われるインターネットカジノと混同しているからでしょう。
オンライン、インターネットと名前の違いがあるだけのように感じられますが、インターネットカジノは違法であることを知りながら日本国内に賭場を開きギャンブルを提供しているので、発覚した場合は胴元だけでなく利用者も一緒に法の処罰を下されることになります。

オンラインカジノはそうしたインターネットカジノと違い、海外でその運営を正式に認められている公営ギャンブルに近いギャンブルです。
しかも運営を認めているのはカジノが合法となっている国の政府であるため、その信頼性に関しては疑う余地はありません。
さらにオンラインカジノの大半はより利用者の信用を得る安全で公平なギャンブルを提供するために定期的に第三者の外部監査機関に監査を依頼しています。
オンラインカジノの要となるゲームの公平性、決済面などに不正がないか、不正を行える余地はないかなど厳しいチェックが入ります。
こうして外部監査機関の監査を受けることは、利用者のためだけではなく、オンラインカジノの運営企業が長く運営を続けていくことにも繋がるので、多くのオンラインカジノでは外部監査を受け、その結果をサイト上で公開しています。

オンラインカジノはこのように非常に高い信頼性を持ったギャンブルであるため、オンラインカジノ自体はまったくもって違法性のないギャンブルです。
そして、違法なギャンブルを取り締まるための法律である賭博罪は、日本国内においてのギャンブルに対してのものです。
オンラインカジノは海外のサービスなので利用しても賭博罪にはあたりません。
アクセスはたしかに日本国内から行いますが、ゲームを動かすサーバーも日本国内ではなく海外にありますし、運営企業、決済会社も同じく海外にあります。

賭博罪として裁くには利用者だけではなく胴元も同時に同じ場所に存在していなければなりません。
オンラインカジノのすべては海外に、利用者だけが日本国内に。これでは賭博罪で裁くことはできません。
これは海外のカジノに遊びに行きギャンブルを楽しむ場合と同じです。

日本でカジノ利用が違法であっても、海外で利用する分にはまったく問題ありません。
ラスベガスに足を運びギャンブルに興じる場合とオンラインカジノの利用は同じなのです。

オンラインカジノは違法ではないけれど合法でもない

オンラインカジノは、現在のギャンブルに対する賭博罪にあたる点がないことから違法ギャンブルではありません。
しかし、違法ギャンブルではなくても合法ギャンブルというわけでもありません。

日本で合法ギャンブルと認められているギャンブルは限られています。
競馬、競艇、競輪、オートレース、それに宝くじです。
宝くじの場合もくじの購入がお金を賭けることとなるのでギャンブルに分類されます。
この5つのギャンブル以外で利用可能となっているギャンブルは、合法、違法でもないことからグレーなギャンブルと呼ばれています。
オンラインカジノもこのグレーなギャンブルにあたりますが、日本で一番知られているグレーなギャンブルはパチンコです。

パチンコが合法ではないと聞いて驚く方も多いと思います。
パチンコは日本中どこにでもありますから、合法ギャンブルだと思っていた方も多いと思います。
パチンコは実は、賭博罪にあたらないよう三店方式という運営方法で運営を行っています。
パチンコ店と景品交換所、景品問屋は各自別の会社により運営されているというのが三店方式です。
国もこのパチンコの運営方法について知っていますが、賭博罪にあたる部分がないため、特別取り締まりを行ったりはしていません。

オンラインカジノはパチンコとは違って賭博罪を意識しているわけではありませんが、グレーなギャンブルという点に関しては同じです。
こうしたパチンコと同じ部類に属するギャンブルだとわかると、オンラインカジノが法的に対して違法性がないということを実感できるのではないでしょうか。

スマートライブカジノ事件から見るオンラインカジノの違法性

2016年3月スマートライブカジノを利用していた日本人プレイヤー3名が逮捕されました。
スマートライブカジノは正式なライセンスを持っていたオンラインカジノでしたが、プレイヤーがブログなどでIDを掲載していたり、日本人向けと捉えられるようなサポートサービスを行っていたことが逮捕に繋がったようです。

そして、この逮捕された3名中の2名は略式起訴で罰金を支払いましたが、1名は略式起訴を認めず審判を裁判に委ねました。
その結果、なんと不起訴判決となったのです。
先に略式起訴となった2人もこうして裁判で争う姿勢を見せれば逮捕されることはなかったかもしれません。

不起訴は法律と照らし合わせると有罪に出来ないということですので、このスマートライブカジノ事件がオンラインカジノは法律上違法にあたらないということを証明してくれました。
この不起訴判決から現在に至るまでオンラインカジノをプレイして逮捕された方はいないので、オンラインカジノに違法性はないと考えて間違いないでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です